[PR]

 ■(セーフアウト)八回、打線に一気に火

 本拠の球場は押せ押せムードだった。一時8点差をつけられていた西武が、1点差まで迫った。さらに九回無死満塁、森が打席に立つ。2球目。外よりの149キロ直球を思い切り引っ張った。「抜けてくれ」。滞空時間の長い打球が右中間で弾んだ。逆転サヨナラの適時二塁打。ヘルメットを投げて、ベンチから飛び出した選手に抱きついた。

 森の言葉には、喜びと驚きが入り交じった。「途中、負けたんちゃうかなと思ったけれど、粘り強く戦えた。最高です」

 七回までは日本ハム先発の高梨…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも