(みちのものがたり)大川美術館への坂道 群馬県桐生市 美に魅せられた企業戦士

有料記事

[PR]

 モーレツの時代に立志伝中の活躍をした男は、昭和が終わるころに実業界から退き、悲願を成就させようと心に決めていた。ふるさと群馬県桐生市の街を一望できる水道山に、「いつでも逢(あ)える名画の館」を造るのだ。

 江戸から続く畳屋に生まれ、三井物産を経てダイエー副社長まで上りつめた大川栄二(1924~20…

この記事は有料記事です。残り3549文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!