[PR]

 第70回カンヌ映画祭パルムドール受賞作。監督のリューベン・オストルンドは前作「フレンチアルプスで起きたこと」において、人間が咄嗟(とっさ)にとる行動が招く気まずさを描いた。本作はそのシニカルさをより強めた、観(み)る者の羞恥(しゅうち)心をつつき回すような内容だ。

 現代アート美術館のキュレーター…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも