[PR]

 安倍政権が今国会の最重要法案と位置づける働き方改革関連法案について、与党は27日の衆院本会議で審議入りに踏み切る方針を固めた。一方、立憲民主党など野党6党は麻生太郎財務相の辞任などを求め、審議拒否を続けている。綱渡りの審議日程のなか、今国会での成立は見通せない。

 「今国会の最重要法案なので、会…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも