[PR]

 厚生労働省は、長時間労働が疑われる全国の7635事業所を対象に昨年11月に実施した集中取り締まりで、約37%の2848事業所で違法な残業があり、是正勧告したと発表した。このうち1102事業所で、過労死の労災認定の基準とされる月100時間超の残業をする労働者がいた。

 集中取り締まりは毎年11月の「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも