録音提供は「公益目的」 テレ朝社長「被害訴えた」 セクハラ問題

有料記事

[PR]

 財務省の福田淳一事務次官からテレビ朝日の女性社員がセクハラを受けたと訴えている問題で、同社の角南(すなみ)源五社長は24日の定例会見で、社員が次官との会話の録音を外部に提供したことは「公益目的からセクハラ被害を訴えたもので、理解できる」と述べた。▼1面参照

 ■取材内容提供「遺憾」

 同社はこれ…

この記事は有料記事です。残り1319文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!