(古都ものがたり 鎌倉)井上ひさし、20年通った紅茶店 執筆の合間、日常に浸るオアシス

有料記事

[PR]

 「井上ひさし先生、そこの席によく座っていました」

 鎌倉市の「ブンブン紅茶店」店長、小木曽(おぎそ)栄(62)は厨房(ちゅうぼう)から、店内の木製丸テーブルを指さした。木製イスが5脚。指先のイスは、出入り口を背に、厨房の店長と顔を見合わせる位置にあった。

ここから続き

 紅茶店は、作家の井上ひさしが「鎌倉で2番…

この記事は有料記事です。残り1450文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント