[PR]

 ■持ち主転々の数奇、史実に立脚

 モーツァルトとヴィヴァルディは、明朗な澄んだ旋律の響きがどこかよく似ている。そして、2人とも奇(く)しくも貧窮のうちにウィーンで没したことも。本書は、ヴィヴァルディの自筆楽譜が20世紀に発掘されるまでにたどった数奇な運命を、ヴィヴァルディの研究家で演奏家の鬼才、サ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも