(声)地方民放局、エリア拡大しては

有料記事

[PR]

 アルバイト 後藤孝一(静岡県 39)

 テレビの多チャンネル化が進み、インターネットが普及した今、主たる収入が広告である民間放送局は苦しい立場にある。都道府県といった限られたエリアに縛られている地方の民放は存続の危機に立たされているところも少なくない。住んでいる場所で見られる数が異なる地域間視聴格…

この記事は有料記事です。残り306文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!