(声)人生の最期、自分で選択したい

有料記事

[PR]

 無職 副島功(長崎県 66)

 「独居の老人に終(つい)のすみかを」(12日)に賛成である。私には妻子はいるが、寝たっきりになったらホスピスかそれに近い施設に入りたいと思っている。

 理由は妻子に介護の負担をかけたくないことと、今後ますます逼迫(ひっぱく)するであろう医療保険介護保険のお世話にな…

この記事は有料記事です。残り259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!