[PR]

 電力卸最大手のJパワー(電源開発)は27日、高砂火力発電所1、2号機(兵庫県高砂市)の建て替えを断念すると発表した。老朽化のため、約3千億円を投じて2018年度から建て替えの工事を始める計画だったが、発電した電気を買う関西電力との協議がまとまらなかった。1、2号機の運転は当面続ける。

こんなニュースも