[PR]

 キュービスムの創始者の作品展「ジョルジュ・ブラック展」(朝日新聞社など主催)が28日、東京・汐留のパナソニック汐留ミュージアムで始まった。最晩年に取り組んだ、平面作品を立体作品に展開する「メタモルフォーシス」シリーズを日本で初めて本格的に紹介する。もとになった絵画とともに、陶器やガラス彫刻、指輪、ネックレス、ブローチなど約90点を展示している。6月24日まで。一般1千円など。

こんなニュースも