[PR]

 米国発の動画配信サービス「ネットフリックス」で昨年春に世界同時配信が始まったオリジナルドラマ「13の理由」が、反響を呼んでいる。米国の高校生が抱えるいじめや暴力、アルコール依存などの問題を包み隠さず描いた話題作だ。脚本・製作総指揮のブライアン・ヨーキー氏が来日して朝日新聞のインタビューに応じた。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも