(語る 人生の贈りもの)山藤章二:12 風刺は芸、「装飾」外して見せる

有料記事

[PR]

 ■イラストレーター・山藤章二

 市井の人々は、風刺に何を求めるのか。「ブラック・アングル」を通じ、ずっと考えてきました。一言で言えば、心にたまったガスを、すっと抜くような表現。そんな芸でしょう。

 持ち上げられている人がかぶっている「仮面」、まとっている「装飾」。それらを見きわめ、外して見せる…

この記事は有料記事です。残り682文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

春トク_2カ月間無料

連載語る 人生の贈りもの

この連載の一覧を見る