[PR]

 パレスチナ自治政府のアッバス議長は4月29日、朝日新聞の質問に書面で回答し、エルサレムをイスラエルの首都と認め、同地への大使館移転を決めたトランプ米大統領が仲介する中東和平案はいっさい拒否すると断言した。ただし、イスラエルとの中東和平の道筋を定めた1993年のオスロ合意には「今も関与している」とし…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも