[PR]

 咳(せき)をしても一人

 (尾崎放哉〈ほうさい〉)

     ◇

 順調だった人生路から外れ放浪の旅に出た俳人が、最後に辿(たど)り着いた小豆島の庵(いおり)で詠んだ句。肺を病んでぜえぜえ咳(せ)き込むも、音は虚空に響くのみ。「一人」とつぶやくのも、打ち棄(す)てられているとの思いを断ち切れずして…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも