[PR]

 構想20年の長編小説で、これまでの作家像を覆した。天童荒太さんの新作『ペインレス』(新潮社)。「無痛」という意味のタイトルのもと、「痛み」を主題に、男女の激しい性愛を描く。「作家として新たな次元にたどりつけた」と語る。

 主人公は、ペインクリニックに勤務する生まれつき心の痛みを持たない女性医師。「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも