大学の研究力低下、打開には 資金・時間・ポスト…どう確保 6月までに政府が戦略まとめ

有料会員記事

[PR]

 日本の研究力が低下している。引用数がトップ級の論文数は、中国などが伸びる一方、日本は徐々に下がっている。政府が進めてきた研究資金の「選択と集中」の影響だと指摘されている。政府の総合科学技術・イノベーション会議(CSTI)は、6月までに若手研究者の支援など大学改革を盛り込んだ統合戦略をまとめる。

この記事は有料会員記事です。残り1434文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら