1968、抵抗のうねり 米国・日本・フランス・中国

有料記事

[PR]

 経済成長が続いていた1960年代後半、若者の異議申し立てが世界各地で噴出した。街路がデモで埋まり、体制打倒が叫ばれた。なかでも1968年はパリ五月革命など歴史に刻まれる事件が続いた。高揚と幻滅、そして社会の亀裂。半世紀前の68年は現代社会の原点であった。

 ■人種差別・ベトナム戦争、亀裂あらわ …

この記事は有料記事です。残り2886文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。