[PR]

 2019年10月に予定される消費増税で増える一般家計の負担額は2・2兆円で、前回14年の増税時の4分の1程度にとどまる、との試算を日本銀行がまとめた。今回の増税幅は前回より低く、教育無償化などの負担軽減策も計画されているためだとしている。

 試算は4月の「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で示…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類有料会員記事会員記事の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも