[PR]

 「車いすの物理学者」として知られ、3月に76歳で亡くなった英国のスティーブン・ホーキング博士が生前、最後に書いた論文が2日(日本時間3日)、独物理学誌に掲載された。物質を構成する素粒子を点でなく、ひもとして考える最新の理論を駆使し、宇宙が膨張して現在のように安定するまでを「スムーズに」説明する仮説…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも