[PR]

 ■記憶の万華鏡、骨董品に宿るドラマ

 使い込まれた古道具や骨董(こっとう)品には、何かが宿っている気配がある。長い時間をかけて物に染みつき、にじみ出てくる物語の数々を、謎めいた古道具屋の主人を狂言回しにして描く短編シリーズだ。壺(つぼ)、鏡、ペン、人形、宝石、レコードなど、過去や現在の持ち主の時空…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも