[PR]

 二酸化炭素(CO2)の排出が多く、地球温暖化への悪影響が指摘される石炭火力発電への投融資を巡り、日本の金融機関が批判を受けている。海外では手を引く金融機関が相次ぐ中、日本は政府が基幹電源に位置づけ、停止が難しい面がある。そうした中で、大手生保では見直しの動きも出始めている。

 第一生命保険は、海…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも