[PR]

 おおらかで雄渾(ゆうこん)な漢字、自由闊達(かったつ)な「かな」。もし、古今の日本の書の人気投票を行えば、上位入選は間違いないだろう。僧・良寛の書にはそれだけの魅力がある。

 本作は彼が長い修行を終えて故郷の越後へと帰国し、五合庵(ごごうあん)と名付けた庵(いおり)を結んだ後の壮年期を彩る傑作。長…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも