[PR]

 近代に生まれた写真にとって、都市は格好の被写体だった。それは今も変わらない。街やそこに暮らす人間を写した現代表現を集めて、写真や都市を改めて考えさせる「写真都市」展が東京・六本木の2121デザインサイトで開かれている。

 今展を企画した伊藤俊治・東京芸術大教授は、1928年生まれの米国の写真家ウィ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも