[PR]

 週明け7日の米ニューヨーク商品市場で、原油価格の国際指標となる「WTI原油」の先物価格が続伸し、前週末より1・01ドル高い1バレル=70・73ドルで取引を終えた。

 終値で70ドルの大台を超えたのは2014年11月下旬以来、約3年5カ月ぶり。米トランプ政権がイラン核合意から離脱するかどうかの発表を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも