[PR]

 土壌の状態に合わせて植物が栄養の吸収を調整する仕組みを、東京大の柳沢修一教授(植物分子生物学)が解明し、英科学誌ネイチャーコミュニケーションズに発表した。環境に適した栽培方法を開発するカギとなる可能性がある。

 植物の成長には、土壌に含まれる窒素化合物やリン酸化合物などが欠かせない。柳沢さんらは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも