[PR]

 自民党の憲法改正推進本部は9日、党選挙制度調査会と合同で幹部会を開き、衆参両院の憲法審査会で改憲手続きを定めた国民投票法の改正を提案することを決めた。野党を改憲論議に引き込む「呼び水」(推進本部幹部)との狙いがあるが、先行きは不透明だ。

 国民投票法は2007年に成立。その後の公職選挙法改正で、大…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも