[PR]

 880グラム、33・5インチのバットが乾いた衝撃音を残した。スタンドがどよめくなか、日本ハムのルーキー清宮は、ちらりと打球を見て確信する。「打った瞬間という感じだった」。右翼席へ飛び込むプロ初の本塁打。かみしめるようにゆっくりとベースを1周した。

 狙っていた。先頭打者で迎えた二回の第1打席。オリ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも