光や映像を使った表現でメディアアートの先駆者と評価された造形作家の山口勝弘(やまぐち・かつひろ)さんが2日、敗血症のため死去した。90歳だった。葬儀は家族で行った。後日、しのぶ会を開く予定。

 学生時代から抽象絵画を発表し、1951年に前衛的な芸術家グループの「実験工房」に参加して中心的存在に。6…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも