[PR]

 水田に早苗のきらめく季節である。今春はことのほか気温差が大きく、農家の方々は苗の生育に気をもんだと聞く。重い苗箱を田へ運び、田植え機でまっすぐに植える。毎年のことながら重労働である▼その光景が変わりつつある。苗ではなく種もみをじかにまく農法の開発拠点、秋田県大仙市の農研機構を訪ねた。「苗を別の場所…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも