[PR]

 ■ありがとう 夏100回 これからも

 「こりゃ速い。どうやったらバットに当たるんだ……」

 佼成学園の2番打者、土屋(旧姓・戸井田)恵三(64)は1球目の速球を見送って胸の内でつぶやいた。

 1972(昭和47)年8月3日、第54回全国高校野球選手権大会の東京大会決勝。マウンドには春の選抜大会優勝校、日大桜丘のエース仲根正広がいた。191センチの長身から投げ下ろす速球は超高校級といわれた。

 左打者の土屋は第1打席、バットを寝かせた独特のフォームから遊撃手の後ろに落ちる安打を放つ。第2打席は凡退。第3打席は三遊間をライナーで破る適時打。第4打席は三塁前にバント安打を決めた。

 土屋は高校最後のこの大会で初めて、正左翼手の背番号7をもらった。特に俊足でも強肩でもないが、バントがうまく、粘り強い打撃をした。

 監督の今西錬太郎(93)は一見、目立たない努力型の選手を鍛えてレギュラーにすえた。54回大会で仲根から3安打放った選手は土屋だけだった。

 決勝で佼成学園は1―5で敗れ、甲子園に届かなかった。「負けて泣くな、勝って泣け」と今西は選手に声をかけた。

 東京大会は2年後の74年夏から東東京と西東京に分かれた。

 西東京の佼成学園は再び決勝に進出し、堀越と対戦した。

 一回表、堀越の先頭打者が佼成学園の軟投派エース中山清(61)の第1球を強振。試合開始のサイレンも鳴りやまぬうちに強烈なライナーが三塁線を襲った。次の瞬間、三塁手が横っ飛びにジャンプ、打球はグラブに収まった。少しでもそれていたら長打になるところだった。

 球運も味方して、中山は堀越を6―0で完封した。

 悲願の優勝を果たした当時49歳の今西は記者にこう語った。

 「ウチみたいなヘタクソなチームは、とても優勝できないと思っていたが、一戦一戦よくなってきました。初めての(夏の)甲子園です。すごくうれしい」(7月29日付朝日新聞)(上丸洋一)

こんなニュースも