[PR]

 夫婦別姓を望む婚姻届の受理を拒まれた事実婚の男女7人が10日、国や自治体に損害賠償などを求めて提訴した。現実の社会で別姓が広がるなか、原告たちは「同姓も別姓も選べる結婚のかたち」を望む。

 「なぜ、どちらかがラベルを貼り替えないといけないのか」。原告の一人で、東京都内に住む看護師の女性(44)は訴…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも