[PR]

 団菊祭は過ぎ去った日を思い出させる。昼の通し狂言「雷神不動北山桜(なるかみふどうきたやまざくら)」の高僧鳴神上人は、五年祭を迎える十二代目団十郎がおおらかだった。上人は龍神(りゅうじん)を滝壺(たきつぼ)に封じ込め、雨が降らない。雲の絶間(たえま)姫が高僧を破戒させ、龍神を解放して、雨をもたらす…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

こんなニュースも