[PR]

 2018年1~3月期の国内総生産(GDP)1次速報は、物価の変動を除いた実質で0・2%減と、9四半期(2年3カ月)ぶりのマイナス成長になった。専門家の間では「落ち込みは一時的」との見方が大勢だが、景気の先行きを警戒する声も出始めた。

 GDPの6割近くを占める個人消費は、前期の0・2%増からわず…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも