[PR]

 青色発光ダイオード(LED)の材料を使い、新たな省エネ半導体を作る技術を、ノーベル物理学賞を受賞した天野浩・名古屋大教授らが開発した。16日、発表した。2025年までの実用化を目指すという。

 電子機器では、電圧や周波数を変えるのに使うシリコン製の「パワー半導体」が普及しているが、消費電力の一部は…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも