(社説余滴)原発避難者の声に耳澄ます 五郎丸健一

有料記事

[PR]

 普通の人生ではあり得ない不条理を経験した人に、心を開いて語ってもらうのは難しい。福島第一原発事故の被災者を取材して、そう痛感することがある。

 福島県富岡町から神奈川県に避難してきた人たちの集まりに足を運んだ時のことだ。民間の支援団体が横浜中華街の料理店で開いた交流会。近況報告や思い出話に花が咲き…

この記事は有料記事です。残り819文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。

連載社説余滴

この連載の一覧を見る