(声)拉致問題、冷静に交渉する勇気を

有料記事

[PR]

 弁護士 大倉忠夫(神奈川県 86)

 北朝鮮で拘束されていた3人の米国人が帰国した。これは米国政府の交渉の成果である。圧力の結果という人もいるが、北朝鮮が単に圧力に屈服したのであればもっと刺々(とげとげ)しい雰囲気があったはずである。成果の主因は、米国が率直に北朝鮮首脳の対応にそれ相当の評価を与え…

この記事は有料記事です。残り336文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。