(声)本籍地離れて暮らすつらさも

有料記事

[PR]

 大学講師 南出真(山口県 37)

 「持ち家を空き家にしない対策を」(4月25日)に違和感を持った。投書の内容は、犯罪の温床になるかも知れないという危惧であったが、望んで、生まれ育った土地を離れて暮らす人ばかりでないことをご理解頂きたい。

 そこに仕事がなければ出て行かざるを得ない。それは個人の才…

この記事は有料記事です。残り298文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。