(声)若い世代 誰かの心救える存在になりたい

有料記事

[PR]

 高校生 松岡亜里沙(山口県 16)

 中2になって人間関係に悩んで不登校になってしまった私を変えてくれたのは、3年の担任の先生でした。先生はなかなか学校に行けない私に、交換日記を通じてたくさんのアドバイスをくれました。悩んでいた私にとって救いであり、かけがえのないものとなりました。

 その先生の薦…

この記事は有料記事です。残り194文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。