野党「徹底審議」確認 審議拒否より得策と判断

有料記事

[PR]

 立憲民主党など野党5党と衆院会派「無所属の会」の国会対策委員長は17日、国会内で会談した。与党側が米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP11)の承認案や関連法案など重要法案について審議が不十分なまま成立を急いでいるとして、徹底審議を求める方針を決めた。

 立憲の辻元清美国対委員長は会談後、記者団に…

この記事は有料記事です。残り552文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。