臍帯血取引、規制強化へ法改正案 自民部会

有料記事

[PR]

 東京や大阪などのクリニックで臍帯血(さいたいけつ)が国に無届けで患者に投与された事件を受け、自民党は17日の厚生労働部会で、臍帯血の民間取引の規制を強化する「造血幹細胞移植推進法」改正案をまとめた。公明党も了承済みで、野党に協力を呼びかけ今国会での成立を目指す。

 臍帯血は赤ちゃんのへその緒や胎盤…

この記事は有料記事です。残り292文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。