(視界良考)重松清さんと @自然葬の島

有料記事

[PR]

 団塊の世代が高齢化し、「多死社会」が到来する。過疎化や未婚化といった社会の急激な変容は、墓を荒廃させ、弔いのあり方にも影響を及ぼしている。6月1日から本紙で弔いをテーマにした連載小説「ひこばえ」を始める作家、重松清さんが自然葬の島を歩いた。

 ■森に、風に、記憶に、故人が溶ける

 隠岐諸島に位置…

この記事は有料記事です。残り1777文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません。