[PR]

 カンヌ国際映画祭で21年ぶりに日本映画が頂点に立った。是枝裕和監督の「万引き家族」。リリー・フランキーさんや安藤サクラさんらの名演に加えて、年金の不正受給や児童虐待など社会問題を織り込んだ是枝流ファミリードラマの集大成に、世界の映画人から高い評価が与えられた。▼1面参照

 「今年のパルムドールは…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも