[PR]

 子宮頸(けい)がんの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)について、京都大は年度内にも、増殖を抑える化合物を使った治験を始める、と発表した。実用化されれば、国内では年間約1万人がかかり、約2700人が亡くなるとされる子宮頸がんの発症を防げる可能性がある。

 HPVは性交渉によって感染する。多く…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

こんなニュースも