[PR]

 オウム真理教の後継団体「アレフ」から分派した「ひかりの輪」(上祐史浩代表)が、団体規制法に基づく観察処分の取り消しを国に求めた訴訟の第1回口頭弁論が22日、東京地裁であった。国は「処分は適切だ」として請求の棄却を求めた。