[PR]

 幻想美に貫かれた文体と寡作ぶりから「幻の作家」と呼ばれる山尾悠子さんが、8年ぶりの新刊『飛ぶ孔雀(くじゃく)』(文芸春秋)を出した。自身初の文芸誌掲載となった前半部「1 飛ぶ孔雀」と、書き下ろしの後半部「2 不燃性について」からなる連作長編。火が燃えにくくなった世界をまばゆいイメージが彩る。

 …

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも