[PR]

 今どきサルトルに親しむ学生などまずいそうもないが、最近出版された彼の日記を読んでみた(『敗走と捕虜のサルトル』)。

 1905年生まれのサルトルは39年に徴用され、ドイツ侵攻に備えて国境ちかくの拠点に兵士として送られた。ここは奇妙な戦線だった。軍事衝突もないまま日々を過ごすうちに、ドイツ軍は別ルー…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも