[PR]

 小さな分子のパーツを緩やかな力で組み合わせ、新しい機能を持たせる「超分子化学」の分野で、日本人の研究が注目されている。この10年間で研究が一気に広がり、ノーベル賞の前哨戦とされる「ウルフ賞」の受賞が決まるなど、世界的な評価も高まっている。産業への応用も見えてきた。

 ■「自己組織化」現象、薬の解…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも