[PR]

 長い時間をかけて考えた末に間違えたラットの方が、すぐに判断したラットより成績が良かったとする研究結果を、東京大などのグループが、米科学誌プロスワンに発表した。

 東大薬学系研究科の池谷裕二教授(神経科学)らは、壁に二つの穴がある小部屋にラットを入れ、どちらかの穴をライトで緑色に点灯させ、無点灯の穴…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも